■CLASSIC PRO UPS 1000RTの特徴

UPS PSシリーズ 正面/背面
FRONT(正面)
(1)液晶モニター 液晶モニター
(2)UPSスイッチ/警告ストップボタン 電源ON/OFF、機能設定ボタン
BACK(背面)
(3)出力コンセント 出力コンセント
(4)電話/モデム/FAXモジュラー端子 電話/モデム/FAX用モジュラー端子
(5)ヒューズ サーキットブレーカー
(6)USBインターフェイス 出力電源ソケット
■オンラインUPSのここがすごい

 常時インバーター給電方式とも呼ばれるオンラインUPSは、通常時、停電時ともにインバーターを経由するため、停電時の瞬断にも対応し、常に安定した電圧、周波数で正弦波出力の電源を供給することができます。正弦波出力のメリットは商用電源と同じ波形の電力供給が行われる為、PFC回路の動作に影響する事が無く、あらゆるパソコンに対して、より安全に安心のバックアップ電源環境を提供する事ができます。

■特徴
瞬停に対応したオンライン方式を採用。
安定した周波数、電圧で電源供給。
バックアップ時の出力波形が商用電源と同じ正弦波。
モジュラー端子(電話端子)にサージ&ノイズプロテクション機能を装備。
電源管理ソフトウェアが付属。
バッテリーの交換が簡単。
ラックマウント、据え置きの両設置に対応。
■付属電源管理ソフトウエア
名称 UPSilon 2000
OS Windows 95、NT、98、Me、2000、XP、Vista、7、Windows 2003 Server
※ Macintoshは非対応となります。

■液晶モニター

液晶モニター

UPS1000RTには液晶モニターが搭載されています。

PSシリーズ 液晶モニター
INPUT:入力電圧、周波数
OUTPUT:出力電圧、周波数
BATTERY:バッテリー電圧、充電率
TEMPERATURE:温度
LOAD:使用電力

■UPSmart インストール方法

画像1 1

セットアップ画面が表示されたら「Next」をクリック

画像2 2

使用許諾契約を読み、
「I accept the agreement」にチェックを入れ、「Next」をクリック

画像3 3

ユーザー情報:
名前、会社名を入力し、「Next」をクリック

画像4 4

インストール先に変更がなければ「Next」をクリック

画像5 5

スタートメニューフォルダにショートカットを作成:変更がなければ「Next」をクリック

画像6 6

追加アイコンを作成:変更がなければ「Next」をクリック

画像7 7

内容の確認をし、変更がなければ「Next」をクリックするとインストールが開始されます

画像8 8

インストール完了です。

画像9 9

初期設定:
「次へ」をクリック

画像10 10

Monitor Mode:
Mega(USB)を選択し、「次へ」をクリック

画像11 11

バッテリーの数:
モデルに合わせて入力し、完了をクリック

■UPSmart 自動シャットダウン設定方法

画像1 1

UPSmartを起動し、ウィンドウが表示されましたら「Settings」を押してください。

画像2 2

「Public Param」→「Communication Port」
LXシリーズ: Mega(USB)、PSIIシリーズ: Single-phase UPS(USB)
UPS1000RT: Mega(USB)、またはSingle-phase UPS(USB) を選択してOKを押してください。

画像3 3

シャットダウン時間の設定

「Shutdown」→「Shutdown Parameters」

  • Shutdown Operation System : チェックを入れることで自動シャットダウンが有効
  • Battery Low Time : バッテリー電圧低下時、シャットダウンを開始するまでの時間(分)
  • Utility Fail Time : 停電時、シャットダウンを開始するまでの時間(分)
  • Shutdown UPS Output : チェックを入れることで自動シャットダウン後、UPSの出力停止が有効
  • Shutdown UPS Delay Time : 自動シャットダウン開始から、UPS停止までの時間

■UPSmart バッテリー設定方法

画像1 1

UPSmartを起動し、ウィンドウが表示されましたら「Settings」を押してください。

画像2 2

「Battery Management」を押してください。

UPSilior2000を常駐させる 4

各項目の設定

  • 「Group of Battery」 : 1 全モデル共通です。
  • 「Number of Battery」 : バッテリーの数
    モデルに合わせて入力してください。例 : UPS500LX→1、UPS1500LX→2
  • 「UPS Power(kVA)」 : UPSの容量
    モデルに合わせて入力してください。例 : UPS500VA→0.5、UPS1500LX→1.5
  • 「Battery Rated Capacity(Ah)」 : バッテリー1個あたりの容量
    モデルに合わせて入力してください。例 : UPS500LX→7、UPS1500LX→8

※ソフト上に表示されるバッテリーの残り時間や容量等の数値は多少の誤差が発生する可能性があります。あくまでも目安としてご利用ください。

■CLASSIC PRO UPS1000RT 仕様

モデル UPS1000RT
入力 定格入力電圧 100V
定格周波数特性 50Hz/60Hz
電圧範囲 (55〜145) ±5VAC(60% LOAD)
(65〜145) ±5VAC(70% LOAD)
(75〜145) ±5VAC(80% LOAD)
(85〜145) ±5VAC(100% LOAD)
周波数範囲 45-55Hz+/-0.5% 50Hz type
55-65Hz+/-0.5% 60Hz type
入力電流 14A max
PFC 0.98
THDI <6%
バイパス電圧範囲 (95~135) ±5VAC
出力 出力電圧 100/110/115/120/127VAC 切替可能
PF 0.8
出力容量 1000VA//800W
インバーターオーバーロード容量 105%〜150%: 30秒アラーム後、バイパスモード
>150% : 300ミリ秒アラーム後、バイパスモード
電圧精度 ±0.2
Load crest 3:01
ACモードからBATモードへ 0ms(転送時間)
BATモードからACモードへ 0ms(転送時間)
効率 LINEモード ≧90 % (最大負荷時)
BATモード 87%
ECOモード 94%
出力周波数 Mainモード 入力周波数と同じ
batteryモード (50/60±0.2)Hz
位相固定率 ≤1Hz/s
TVHD Full linear load < 3%
Full nonlinear load < 5%
バッテリー 形式 密封鉛畜メンテナンスフリーバッテリー
数量 2
DC電圧 24V
内蔵バッテリー 9AH/12V
出力電圧 27.1±0.4V
バックアップタイム バッテリー容量に基づく
充電方法 3ステージチャージ
充電電流 1A
本体寸法 440(W)×88(H)×468(D)mm
本体重量 12.0kg
使用電力 100W 200W 300W 400W 500W 600W 700W 800W
バックアップタイム 24分1秒 19分54秒 14分20秒 8分30秒 7分19秒 5分00秒 3分00秒 2分30秒

あなたの大切なデータを守るCLASSIC PRO UPS(無停電電源装置)
株式会社サウンドハウス